明治安田生命のドル建て一時払い養老保険を解剖する

明治安田生命のドル建て一時払い養老保険を買ってみた。営業の人から金融商品を買うのはホントに久しぶり。25年前の年金保険の満期が近づき、その処理で(いわゆるお宝保険で大きな利益が出ているから)いろいろお願いしており、そのお返しの意味もある。11月のこのドル建て保険の予定利率は年3.3%。10年据え置けば、投資時の130%を超える米ドルが手もとに戻ってくる。外貨に投資しても、外貨預金ではちょっと為替が好転すると売ってしまいたくなる。少し腰を据えた外貨投資と位置付けた。

 

この商品は買ってみて分かったことがいくつかある。ネットでもいくつか商品性の紹介をしているサイトがあったが、少し情報を整理してみた。

 

 

 1.課税は金融商品と保険のハイブリッド

 

大むかし、金利が高かった時代に一時払い養老保険を買ったことを覚えており、当時は一時所得で控除が認められる50万円までのゲインに止まるよう、元金額を調整して売られていた。あれは何年ものだったろうか。その後、一時払い養老保険は保険商品ではなく金融商品だろう、ということからその後は利子課税と同じような課税方式となった。

今回の購入で分かったことは以下。知っている方にはくどいハナシで申し訳ございません。

  • 金融商品なみの源泉分離課税になるのは契約日から5年以内。5年超になるとその他の保険商品と同様の課税となる。
  • この商品のキャッシュフローは1回支払って、戻ってくるのも1回だけ。つまり預金のような利息もなく、債券のクーポンもない。だから購入時のドルがベースになって、満期の10年後まではいっさいゲインを認識しないのかと思っていた(実質は割引債=ゼロクーポン債だから)。しかし途中解約でも円に引き直して課税する。5年以内なら源泉分離課税、5年超では一時所得になる。
  • 満期まで持ったときは、満期日の為替レートで円換算してゲインを一時所得扱いで認識する。その時点でドルを実際に売る売らないは関係なく、未実現利益でも課税される。保険商品としての寿命が終わったときにいったん清算して、その後外貨預金のままで持つならその課税ルールに従う。

 キャッシュフローが1回ならゼロクーポン債と同じだが、割引債なら購入時に償還差益から源泉徴収される。一時払いでまとめて返還する保険はいずれか支払いが起きたときに課税が出てくる。

 

2.この保険を効果的に使うための考え方

 

ます採り上げのメリットは、

  • 予定利率が銀行預金に比べると高い。例えばソニー銀行のドル預金は3年もので年利2.5%。これに比べると年3.3%は有利。ただし将来の金利はどうなるか分からないので、実は低位固定となってしまうリスクも。
  • 2年据え置けばドル建てで100%戻ってくる。これは外貨預金なら当たり前だし、預金は金利も付くから銀行預金に比べるとこの保険にメリットはない。しかし他の保険商品に比べると悪くなく、常に投資したドルは100%手もとに戻せる。

デメリットはなにか。

  • 10年間も全くキャッシュフローを生まない。CFを生んだらそのときに課税される。いつ手仕舞うかがすべてという商品で、判断の難度は高い。
  • 為替が往復で1円(行き50銭、帰り50銭)抜かれる。

 この保険は買ってから最初の2~3年がまず勝負で、ここでドル高に振れているなら解約して円転するメリットが出てくる。しかし全く同じことを外貨預金でやれば、利息が取れてかつ為替差益も取れる。外貨預金の為替差益は雑所得なので、サラリーマンなら20万円までは無申告でOK。一方でこの保険を使えば金融商品並みの20%(+復興特別所得税)となる。少額でも課税されるので銀行預金に比べるとメリットは乏しい。

 しかし雑所得を申告する必要のある人(確定申告する人で総合課税の税率の高い人)には、ドル建て一時払い養老保険なら源泉分離で課税関係が終わるから、そのことはよいことかも知れない。

実質的な為替差益を投資信託や株式を通じて得ようとすることと同じ。ではあえて保険商品にするメリットはなにか。株や債券と違って、他の金利リスクやら政治・ビジネスなどのリスクから切り離されることか。

かりに数年後の大きなドル高を予想するとして、他のリスクに煩わされることなく、確実にその果実を小さな課税で得たいと思うなら、この商品は使える。外国株そのものや外国株式インデックスファンドで為替差益を狙っても、他のリスクも混入する。この養老保険なら為替リスクだけを切り出せる。

 

3.時期によって戦略を立て直す。

純粋にドルの高値を効果的に追えるものの、その有効期間は5年だけ。

まずは2年後に為替差益を大きく抜けるならいったん手仕舞って、再投資を考えるのがベストシナリオ。2~5年はそんな感じて見て行くのがベター。大きなドル高になるなら(なるとみるなら)手もとにドルを戻したらいい。

そのチャンスが到来せずに、契約後5年を過ぎると今度は保険商品として一時所得になる。今度は他の一時所得との見合いを測りながら、利益を出さねばならない。控除枠50万円を念頭に置けば、この保険の元金はせいぜい2百万円がいいところ。それで2割抜けるとしてゲインが40万円となるので、その辺が税のメリットの限度。

8年程度も経てば、もう10年の満期を意識した方がいい。償還は130%。30%も乗っかってくるのだから、よくよく見極めが必要。先行き円高が確実に見通せるならその程度の年限でも手仕舞ってもいいが、実際には7年から8年経過時点では、もう10年持ち続けるハラを括る方がいい。

この保険は自分の課税状況を確認しつつ、いつどうやって手もとに戻すか考えどころ満載。預け入れ限度は毎年2百万円でいい。狙いを絞り込める投資ツールとしては面白い商品。

 

 

税制改正の季節 その1

またしても税制のシーズンがやってきた。1年前は大きな改正が決まって公的年金控除と給与所得控除のダブりが狙い撃ちされた。これまでは所得種類に応じた控除があり、その他の社会保険料控除や人的控除を差し引いて課税ベースが決まってくる。

 

勤め人なら給与収入、自営業者なら事業収入、大家さんなら不動産収入、そしてリタイアした人には雑収入(公的年金に係る)。公的年金控除を取る人は年金生活者であり、給与所得控除を取る人はサラリーマン。青色申告控除を取るのは自営業者・事業的規模の大家さんであり、それぞれのバランスを取って控除が決まっていた。自営業者は収入の捕捉に漏れが生じやすく、また必要経費も柔軟に自分で決められる。

事業収入には帳簿の正確性担保と引き換えに青色申告控除を認めるが、控除自体は貧弱。サラリーマンの給与収入はガラス張りであり、引き換えに大きな概算経費としての給与所得控除をもらっていた。

去年の税制改正はそこに切り込んで、給与所得控除の縮小に大きく踏み込んできた。今年の政府税調でもそのトーンは変わらず、所得種類ごとの控除体系から、個人ごとの控除に切り替えて、働き方の選択について(勤め人か、フリーランスかなど)中立にするという。

 

私は日本でいう中堅層だと思っている。子育ても終わったので家族単位の控除は縮小し、税負担を適切に行っている。しかし、60歳となり、年金受給を目の前にして、おカネの回りの悪さに辟易している。収入が減っても毎年のように税・社会保障負担が増えて、生活の閉塞感がハンパない。

そこで、給与所得、自営者としての所得、年金からの所得などに分散して稼げば、すべての控除を有効に活用できるのでとても効率的に稼げるのではないか、という結論を導いて、そのためのアクションを取ってきた。

今年はやっとの思いで不動産収入にメドを立て、半歩前進。来年からは年金の一部を受け取り始めるので、援軍は続々。やっと給与収入の一本被りから抜け出せる見込みがついた。

あとは個人ごとに違う条件で、最適な収入ポートフォリオを組み上げるだけ。必然的に今のフルタイムの勤めはそう遠くない将来に手仕舞って、もう少し軽い働き方に切り替えることになる。これは「働き方改革」であり「収入ポートフォリオ改革」なのである。あらゆる知識を使って税の極小化を図る。財務省に負けるわけには行かない。一生懸命に働くことから得られるより良い生活を、給与所得控除の見直しで遠ざけたのは財務省と、その意に従う一部の学者さんたちである。

 

この年明けには自分の不動産所得、家族の不動産処分に伴う申告、住宅取得に伴う申告を作成することになる。少しずつ、またこのタイトルで思うことを書き連ねたい。

 

10年ぶりのアジア その5

その4でGRABについてご紹介したが、合計4回使って特に良かったのが中国系のドライバー。仕事は迅速でなんとか工夫をして、混んでいるKLの道路をうまく移動してくれる。特に最後に使ったドライバーは、中年のおっちゃんではあるが、よくしゃべってロードサイドの案内もしてくれたし、なんとか渋滞をバイパスして目的地に連れて行ってくれた。

このときのルートは王宮博物館からブキビンタンに戻るというもので、料金は8MYR。直線距離はたいしたことないが、方向的にあまり簡単ではない。彼は博物館の裏手の山の中の道を抜けるルートを選んだ。これが面白かったのだが、中国系マレー人のお墓の中の道。夜は通らないと言ってはいたが、きれいな夜景を楽しめるのではないか。

このルートが私の興味を惹いたのは、実は「その1」で少し触れた、私の祖父のいた場所に近いのである。祖父が残した簡単な地図がある。

 

f:id:dmnpilbb:20180905224117j:plain

 

左下の「工場」というのが職場。そこから右に辿ると「宿舎」があるが、これがどの辺なのか分からない。工場も鉄道のすぐそばに書かれているが、当然そんなもの残っていない。「停車場」は旧クアラルンプール駅で、その上方に、「広場」「厚生会館」「政庁」とあるが、これは全部残っている。歴史的建造物群である。

祖父の遺した地図は、旧市街の南北のところが詳しく書かれていてブキビンタン、アンパンロードはサラッと触れている。ただかなりジャランジャランしたことは確かで、触れたくないところはカットしたのだろう。そのへんは想像でしか補えない。

 

KLは若い街だった。日本と違ってエスカレーターが速くて、高齢者は怖くて乗れないだろう。うちの連れ合いもアラ還だが、何度も電車で席を譲られていた。日本では若いもののうちに入る世代で、席を譲られることはない。本人は女性に優しいから、と言っていたが、はて。

話題的には、KLの北のはずれのバトゥ洞窟に足を延ばした。ところがここの名物階段がその後すぐに極彩色に塗られたらしい。恐るべき階段に見えるが、わりと上りやすい。国際的な観光地で、ここへ向かう列車は平日にもかかわらず観光客で満席以上の混雑だった。

f:id:dmnpilbb:20180905225619j:plain

散漫な旅日記だが、安くて美味しくて楽しいKLツアーだった。次回はしっかりと足で回って、祖父の足跡に迫りたい。

 

10年ぶりのアジア その4

クアラルンプールでは、GRABというタクシーアプリがポピュラーと調べはついていた。日本でGRABアプリはインストールできる。ただし、カード払いの登録が日本国内ではできない。

KLIA(空港)から市内に向かう電車の中で、カードでの支払い登録はできた。これは当初VISAのデビットカードでやろうとしたが受け付けてくれず、クレジットカードを紐付けた。カード会社の認証画面が出てくるので、普段そういう使い方に慣れていないとまごつくだろう。そこは慣れていたので難なくクリア。

もちろんカード払いがイヤなら現金払いを選べばいいことで、そこはマストではない。ただ海外旅行では荷物が多く、また慣れていない通貨でチップも考慮しつつ現金を出すのは好きではない。お釣りをごまかす奴だっているかもしれない。カード払いにこだわったのはその辺りの事情からだが、クレジットカードの登録に抵抗がある方は現金払いでどうぞ。

 

で、クアラルンプール駅からタクシーに乗るため、GRABを開いた。初挑戦だが、とにかく自分がいるところに地図上のピンを固定して、タクシーを呼べばいい。困ったのは行き先で、選び方が分からない。乗ってから行き先を伝えてもいいのだが、それもまた面倒。実はこのとき明確に行き先を固めておらず、とにかくこの場所から移動して、お昼ご飯をフツーのお店でいただくことが大目標。そうすると行き先の表示におススメのポイントが出てきた。KLセントラル駅に戻るのは芸がなく、目についたのがKLCC、いわゆるペトロナスタワーのあるあの名所である。

そこまで決めてデータを流してタクシーを待つ。5-7分で到着とアプリに出るが、そうかんたんでもなく、10分程度はかかった。クルマの車種、ナンバー、ドライバーの名前・写真、5つ星の評価まで出てくる。向かってくるクルマの位置情報も出てくるので待たされてもこっちは全く焦らない。料金も表示されるから、全くの安心・明朗会計である。

 

ほどなくクルマは到着し、一路北上してから東へと大回りでKLCCへ向かったが、料金と経路は関係ないらしい。ちなみにドライバーは寡黙なマレー人だった。このときの表示料金は9MYRで250円ほど。私はこれが経路によって変わるのかと思ったが、それは当初の値決めで走った。ちなみにKL到着時に乗ったブルータクシーは快適だったが、同じような距離で23MYR。その半分以下ということで、こりゃなんだ、なんてスグレモノなのだ、と。

 

f:id:dmnpilbb:20180904200851p:plain

 

私は喜んで★5つを進呈した。この後、さらにGRABは3回乗ったが、なんら怪しげなことはなく、初KLの強い味方となったのである。

 

このあとKLCCからブキビンタンの外れのホテルに戻ろうとして、タクシー溜まりに行き、案内人らしきオッサンに行き先を告げたら、なんと30MYRと言われた。この頃になると感覚ができてきて、私の値踏みでは10MYRがいいところ。30MYRでも800円程度なので、別に構わない。しかしもうそのレートでは乗れなくなるのが人間の心理の怖いところ。

このとき、こういうタクシー溜まりにGRABのクルマを呼んでいいものかまだ自信がなく、やむを得ず交渉ベースになったのだが、後から考えればGRABをコールでよかったのである。慣れていないとそんなもの。

このてん末はどうなったかというと、そんなんならと気に食わないで歩き出してしばらくして、全く方向が違うことに気付いた。暑い、同じところに戻りたくない、流しのタクシーはない。やむを得ず昼休み中ぽい駐車中のタクシーを捕まえて、交渉開始。私の相場観が10のところ15MYRでOKしたので、それでホテルに戻った。なお、このタクシーは、ドライバーが自分の部屋風にチャラチャラ室内をアレンジしていて何語か分からん歌が流れて、しまいにホテルの前をシレっと通り過ぎてもう1周しやがった。私は15MYRで握ったのでそれ以上払わなかったが、同乗者にはかなりケンカ腰に映ったらしく、もう値段交渉してタクシーに乗るのはゼッタイやめてよ、と強くお願いされたのである。アンタがしんどそうだから頑張って捕まえたのに。

 

10年ぶりのアジア その3

クアラルンプールの街はふつうにアジアの匂いがする。突き詰めていくとドリアンの匂いに近い。今回の旅行ではドリアンフレーバーのシュークリームがあったので、それくらい問題ないと思って食べたら美味しかった。実は生ドリアンを食べたことがない。今回の同行者が、昔ドリアンでつらい思いをしたらしく、気を遣ってそれくらいで止めた。

 

旅行2日目は、まずマレーシア国立博物館へ行くことにする。場所はKLセントラル駅の向こう側で、歩いて行ける距離。まずKLセントラルへモノレールで向かう。

 

f:id:dmnpilbb:20180826215524j:plain

 

モノレールは楽しいが遅い、かつ2両編成で混んでいる。乗り降りの錯綜するブキビンタンから2人で5MYR。まあ十分に安い。しかしこのルートは素人の選択で、別の行き方が正解と後に分かる。

f:id:dmnpilbb:20180826220354j:plain

 

KLセントラル駅から、この日は日曜日、人気の少ないオフィスビルの中を博物館方向に向かうと、地下鉄の駅に突き当たる。この構内を抜けると博物館だが、はて、う回路が見つからない。駅員に聞くと、なんと初乗り料金を払って駅を通り抜けろという。2人で1.6MYR。45円くらい? ここでガタガタ言ってもムダ。駅を抜けて博物館へ向かう。

f:id:dmnpilbb:20180826220526j:plain

 

この博物館は一人5MYRと格安で、とにかく短い時間でざっと理解できる優れもの。しかし深くは掘り下げ切れていない。なぜにイスラム化したのか、インドネシア、フィリピンとの関係などはよく分かる。

私がKLを訪ねた理由を生み出した日本統治時代は、さらりと触れられているだけ。とうぜんながらマレーシアにとって幸せな歴史ではない。マレー人、インド人、中華系の人々を分断した、という記述もある。

この日は日曜日で日本語あるいは英語のガイドツアーがなかった。あまり詳しくない歴史のハナシはガイドツアーに入るのが一番。次回KLに来たらまたこよう。

 

次の目標は、歴史的名建造物で「美の巨人たち」でも取り上げられた旧クアラルンプール駅。KLセントラル駅はその南側にできた新ターミナル駅で、旧駅はいまでも本家の「クアラルンプール駅」。全列車停車する。

国立博物館からは至近ながら、道が分からず(暑い中歩くのもイヤ)、すこし遠回りして旧駅到着。もしここに行きたいなら、迷わずKLセントラル駅から列車で1駅だけ乗ればいい。ただしKLトランジットという上野新宿ラインみたいな列車しか停車しないので、時間をよく見ないといけない。京浜東北線にあたるIRTという電車はこの駅を通らない。東京の尾久駅みたいなものである。

 

f:id:dmnpilbb:20180826221622j:plain

この写真はよくない。別のサイトでこの駅の美しさを確認してほしい。

私の祖父は、当時シンガポールからの列車に長時間揺られてこのクアラルンプール駅に降り立った。昭和18年のこと。75年経ってやっとこの場に孫がきたことを多少は喜んでくれただろうか。

ここでお昼時になった。もうさんざん歩いたのでエアコンの効いたタクシーでショッピングモールへ行きたい、行かないと同行者に叱られる。けど列車はそう都合よく走っていない。駅前には商店街もレストランもない。そうだ、タクシーアプリの出番だ! 次回、その顛末を。

 

 

10年ぶりのアジア その2

KLには夕方、定刻の到着。行ったことのない街には明るいうちに入りたい。郊外の空港からさっさと市内行きの電車を目指す。KLエクスプレスという列車はほぼ満席でKLセントラル駅へ向かう。この切符が片道50リンギット(以下MYR)と高い。28円換算で1,400円だから、日本並み価格となっている。安く買うにはマスターカードで払うと1割引き、VISAデビットのpayWaveなら15%引き。これはしょっちゅう変わる可能性がある。

ちなみにKLIAと称されるこの国際空港はデカい。国際線ターミナルはアイランドになっていて、メーンターミナルとはトラムで繋がっている。KLエクスプレスにはターミナルビルの1階に降りてホームを探すが、方向感覚がなくて次のKLIA2行きの列車に乗ってしまった。すぐ折り返すので問題ないが、要注意かも。

 

KLセントラル駅に30分と少しで着いたが、まだ明るい。ホテルはブキビンタン近く、モノレールならラジャチュラン駅が至近。けどモノレール駅との乗り換えは距離があり、モノレールは混雑する。いきなりタクシーを使うが、駅の改札外に案内所があり、その先に何台か待機しているのが見える。一番前に、比較的信頼度が高いブルータクシーのワゴン車を発見したのでダッシュ! これに乗り込んで行き先を伝えてホッと一息。混雑する土曜日の夕暮れ時をホテルへ向かう。首都高みたいな道は通るが、有料道路ではない。メーター制で21.2MYR。荷物2個分を上乗せして23MYRでホテルのフロントへ。無事チェックイン。この23MYR=約650円が一つのモノサシとなる。

 

f:id:dmnpilbb:20180825215710j:plain

 

なんだか広々したいい部屋。ここから屋台街で知られたアロー通りまで7分程度。とりあえずジャランジャランする。食事はここはパスして、アメリカ風のステーキハウスでサラダとフィシュ&チップス、小さいステーキ、ビール2杯。しめて130MYR、4千円もしない。極楽だなあ、KLの最初の夜。奥さんも特に不満なし。日本の蒸し暑さもないし、アジアの繁華街のいかがわしさもナシ。

 

f:id:dmnpilbb:20180825220022j:plain

 

翌朝、通りを一つ横に入るとこんなムード。近くにファミマが2軒、朝ご飯を食べさせる場所は数知れずある。今回はホテルの朝食がついているので、そこで2人で済ませて、さてまずはどこへ向かおうか。

 

f:id:dmnpilbb:20180825220700j:plain

 

10年ぶりのアジア その1

夏休みにマレーシアのクアラルンプール(以下KL)に出かけた。KL旅行は初めて。私の海外経験は米国に偏っていて、アジアは30年以上前にシンガポールと台湾。10年ほど前に香港へ、ごく短い観光旅行に出て行っただけ。いい加減、世の中の動きについて行かないと、と思ってKL3泊の旅へ出た。ちなみに配偶者同伴。

 

KLに決めていたのには訳があり、祖父が戦時中に軍属としてKLで通信機器関連の工場に技術指導のため滞在していた。そのときの資料がいま私の手元にあって、当時の生活ぶりがこと細かに記されている。いまのKLでその痕跡を忍ぶことができるのか、その供養の意味合いも込めての渡航。やっと戦後73年経って、自分が還暦を迎える年になっての「マラヤ」訪問。

 

もうひとつの旅の目的はアジアの成長、あるいは生活革新の実態を自分の眼で知ること。もっと簡単にいえばスマホ社会、キャッシュレス社会の最先端を見てみたい。日本は一時代前のインフラで成熟してしまった社会、それを一気にITC化で飛び越えたマレーシアを見てみたかった。

 

で、還暦辺りの夫婦アジア旅行。どんな旅にするのかいいのか、まず粗々のスペックはこんなもの。

エアライン:まずは日系優先で今回は成田発着のJL便。羽田のNHは席の配置に難。

ホテル:今回は航空券とホテルだけJALのサイトで予約。迷いに迷ってブキビンタンのパークロイヤルスイーツを選択。これは大正解だった。

現金の手配:ネット販売の「ドルユーロ」で調達。6月に買ったが1MYR=28円台と立派なレート。ちなみに今回のクレジット、デビットの換算レートは27.5円くらい。

現地の通信手段:グローバルWiFiを利用。2人で同一行程だからこれでOK。成田空港での受け取りには行列ができていた。フリーSIM利用は次回の課題。

今回オプションツアーは一切なし。KLから日帰りで足を延ばせるところがあればと思っていたが、結局はバトゥ洞窟に行っただけ。

 

JL便だと行きは昼行、帰りが夜行。ウチは横浜で成田行きはめんどう、しかし今回は子供がクルマを出してくれていままでで一番らくちんな成田への移動でした。では成田空港を眼下に行ってきます! 次回からはKLリポート。

 

f:id:dmnpilbb:20180823223933j:plain